「引っ込み思案=行動力がない」ではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

先月のハノイ滞在では、こちらの記事をきっかけにハノイにいらっしゃる方々の集まりにお邪魔してきました。

今月は、3日に「モノクロ家計簿」のおはぎさんと「すみれの壺」の青野すみれさん主催のオフ会に参加してきました。

10月関西オフ会

10月のオフ会ではおみやげたくさんいただきました!写真にはないけどニップレスも!

オフ会翌日、修羅場だったので使わせていただきましたw

開放感\(^o^)/らくちん\(^o^)/w

ハノイでの交流会はブロガーの集まりというわけではないので詳細は書かないほうが良いかなと思ったのと、10月のオフ会は前後に予定が色々立て込んでいて直後にレポを書く余裕がなかったので、2ヶ月連続で初対面の人が集まる場に行ってみて考えたことを文章化して、イベントレポといたします。

うん、堂々と言い訳してみた。

スポンサーリンク
広告336*280

外向的な人、内向的な人

内向的ねこさん

先日、こんな記事を見つけました。

大きな成功をおさめた、13の内向的な人たち
「内向き志向」を測る23のトピック

世の中は外向的な人と内向的な人二項対立で分けられるものではなく、傾向・程度の問題なんでしょうが、自己判断では完全に内向的なタイプです。

小さいころから、初対面の人や新しいコミュニティーに入っていくのが苦手です。
グループで遊ぶより、2人でじっくりお茶でもお酒でも飲みながらおしゃべりする方が好きです。
親の都合で何度か引っ越したことがあるのと、ひとりでふらっとどこかへ出かけるのが好きなので、引っ越しなどの物的環境の変化にはかなり強い自信があります。

ですが、新しい人と会ったり、頻繁に大人数が集まる場所に行ったりする前は、精神的にすり減るのを感じます。

私と似たような人って、案外多いのでは?

ただ憧れるだけでいいのか

人が多いところに行くのが苦手といっても、たくさんの人が集まって楽しそうにしている光景には憧れがあります。

なんだか自分が知らない新しい世界が拓けているようで。

キラキラした人たちと、それをただ眺めているだけの自分。

そんな状況をどうにかしたくて、約5年ほど前からとりあえず「行動する」ことを意識するようになりました。

外に出るメリット

そもそもなんで精神的にすり減るときがあってまで外に出るのか。

一人もしくは仲が良い少人数で過ごすだけでは得られない、良いことがあるからです。

知らない世界を垣間見ることができる

初めて会う人は、自分は知らないバックグラウンドを持っています。

「へー、そんな世界があるんだ」

と、知的好奇心をくすぐられるのは、初めて会う人と話すときのほうが多い気がします。

対して、すでに知った人と話しているときは、すでに知っている世界をより深く理解できるときに知的好奇心を刺激されます。

自分を客観視できる

外へ出ていくことで、逆に自分を見つめることがけっこうある気がします。

特に10月のオフ会では、「自分は人からこう見えてるんだ」という気づきが多かったです。

もしかしたら、この点はひとりでぐちゃぐちゃ考える傾向が強い内向的な人が外に出るからこそ得られるメリットかもしれませんね。

引っ込み思案を行動力でカバーする

引っ込み思案だとしても、新しいところが苦手だとしても、

誘われたら時間が許せばとりあえず乗ってみる。

おもしろそうだなと思ったことは、とりあえずやってみる。

その過程で、いろんな人と知り合って、飛び込んでみなきゃ得られなかった経験をたくさんしてきました。

でも、こういうのって後から振り返って「あのとき飛び込んでみようと思ったからここに繋がったんだ」って分かるものだと思うんです。

(うわ地雷踏んだやっちまったーってときもありましたがw)

新しく知り合う人たちとたくさん会うのは正直しんどい。

外から見たらどうかわかりませんが、ハノイの集まりも10月の集まりも、行きます!って意志を伝えるのに相当勇気出してますw

(誤解のないように言いますが、会いたくないわけではなく、新しい人と会うのにエネルギーをたくさん使うのです)

でも、新しく知り合った人たちが5年後10年後にかけがえのない存在になっていることも大いにあり得るわけです。

友達は、作ろう!と思って作るものではないと思っています。

親友と呼べるくらい仲のいい人でも、会った瞬間からこの人は親友になるといつも感じるわけではないですよね。

とりあえず、頑張って場に行ってみて、あとは自然の流れに身をまかせる。

引っ込み思案がここまできただけでもすごいじゃん。経験値獲得。レベルアップに向けてまた一歩。

その経験値を得られたイベントは、もしかしたら未来の自分にとってかけがえのないもの、人とつないでくれるものかもしれません。

ハノイでお会いした皆様、特にお声掛けくださった木村さん、ありがとうございました!

同じベトナムという場と縁がある人の集まりでも、縁のつながり方が違うと見えるものも違うんだなと改めて感じました。

また色々お話聞かせてください!

10月3日のオフ会でお会いした方々、特に幹事をしてくださったおはぎさん青野すみれさん、ありがとうございました!

僭越ながら、オンオフ問わず、これからもいろんな刺激を頂けたらと思っています^^

スポンサーリンク
広告336*280
広告336*280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存