我が家に食洗機がやってきた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

料理するのは好きですが、お皿洗いはめっちゃ嫌いです。

普段は同居人がやってくれていますが、その同居人から水切りかごの導入を強く迫られました。

水切りかご、できたら置きたくないけど、お皿洗いしてくれてるのは同居人だし、うー…となっていた頃、こんな記事を発見。

どうせ水切りかごと同じだけのスペース取るならこれだ…!!!!と衝撃を受け、同居人にあんみつさんの記事を見せながら食洗機導入に向けたプレゼンを行いました。

予算の関係で渋っていたので、こちらを中古で買うことで合意。1万円でした。

スポンサーリンク
広告336*280

さっさと導入すればよかった…!

めっちゃ楽。入れられるだけ入れて、稼働させてます。

買ったのは2〜3人用の小さいサイズの食洗機ですが、私が料理すると小皿がたくさん出るので、普通サイズでもよかったかもしれないです。たまに入りきらない笑

最初は食洗機導入を渋っていた同居人も、今では率先して使っています。

汚れはしっかり落ちるし、乾燥機能を使わなくても扉を開けておけば乾くし、食洗機に全部入る場合は水に触れなくていいし。

ちなみに洗剤はこれ使ってます。

1回の洗浄で小さじ1杯分使うので、小さじスプーンを袋に突っ込んで保管しています。

この袋で大体2ヶ月ほど使えました。

苦手なことは積極的にアウトソーシングしていくこと、だいじ!

取り付けは大変だった

食洗機の設置には、分岐水栓の取り付けが必要です。

こういうやつ。

食洗機の取り付けって、けっこうお金取られるんですよね…。

ググったらやり方が色々出てきたから、なんとかなるだろーと思い、自分で取り付けることにしましたが、ちょっと難航しました。

工具は事前に揃えておこうね!

組み立て家具を買った時についてきた工具が色々あるので、分岐水栓が届いたらすぐ取り付けにかかろうとしましたが、手持ちの工具ではどうにもならない箇所があることが判明^^;

手持ちの六角レンチが2.5mm幅と4mm幅で、3mm幅の六角レンチが必要だとわかった時はムキーッ!!!ってなった笑

あとはモンキーレンチも買い足しました。

水道栓の位置はあらかじめ確認しておこうね!

分岐水栓取り付けには、水道の元栓を閉めておかないといけません。

大抵、水道栓はわかりやすい位置にあることが多く、容易に開け閉めできるはずなのですが、うちの物件はなぜか特殊工具がないと開けられないボックスに格納されいることが判明…。

管理会社に電話したら、定規でも頑張れば開けられることがわかったので、工事する事が出来ました。

蛇口の水が止まらなくなった!などのトラブルが発生した時も、元栓を閉める必要があるので今回知っておくことができてよかったです。

取り付けは大変だけど、それを凌ぐ価値が食洗機にはある

準備不足も相まって、想像よりも難航した取り付けでしたが、それでも食洗機を買ってよかったですー!

自信がない方は、有料で取り付けもやってもらえるので、アウトソーシングしちゃうのも手かと。

次に買う時は、もうちょっと大きいサイズにしようかな〜

スポンサーリンク
広告336*280
広告336*280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存