靴屋さんでインソールを作ってもらって、自分にあった靴を見立ててもらった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

外反母趾傾向にあって、なかなか合う靴がない私。

先日誕生日でしたので、誕生日プレゼントとして夫に「オーダーメイドインソールと新しい靴」を買ってもらいました!

スポンサーリンク
広告336*280

靴を正しくはけていない

異邦人という全国展開している靴屋さんに行ってきました。

「まず足のサイズを測ります」ということで靴を脱ぐときに靴紐を解かずに脱いだら早速指摘されました…笑

靴紐、面倒ですよね。普段は靴紐解かずに靴を脱ぐ人、けっこう多そう。

  • 靴紐を緩める
  • 足を入れてかかとを軽く地面に打ち付ける
  • 下の方から靴紐を締め上げていく

という要領で靴を履くように指導されました。

アーチが潰れ気味で実は横幅はそんなにない足

足のサイズを測り、足跡の型をとります。

足跡から、どうもアーチが潰れ気味ですねと指摘を受けました。

そして一番衝撃的だったのは、実はそんなに幅広足ではないということ!!

外反母趾が気になって、3Eの靴を選びがちだったのですが、実際に店員さんの見立てで靴を履いてみると、2Eか、メーカーやデザインによってはD幅ということも…そりゃ足が靴の中で動いて痛くなるわけだ…外反母趾悪化する一方やん…

こちら、買ってもらいました

いくつか試着した中に、靴紐がダイヤル巻き取り式のものを発見!!

一番足にフィットする感覚があり、靴紐を結び直す手間がなくなるということで、こちらに即決。

インソールは2種類

靴が決まったら、インソールづくり。

クッションが効いたものと、硬めのものの2種類ありました。

私は硬めのものをチョイス。

ランニングシューズのインソールなら、クッション性が高い方が良さそう。

直に身に付けるものはいいものを

人のお金で買ってもらいましたが、直に身に付けるものはいいものを選ぶべきだなと改めて思いました!

普通の使い方で、2年くらいすると靴もインソールもへたってくるらしいですが、2年使えるなら安い投資だと思います。靴を正しく履くことが大前提ですが!

ビジネス用の靴も取り扱いがあるので、足のトラブルに悩んでいる人にはおすすめです。

スポンサーリンク
広告336*280
広告336*280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存