ランニングを1年細々とやって実感した5つの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0


1年前の7月、ランニングを始めました。

参考:
【前半】私とマラソンー運動部に所属した経験がない私が、半年でフルマラソンを走れるようになるまでの話
【後半】私とマラソンー運動部に所属した経験がない私が、半年でフルマラソンを走れるようになるまでの話

週に1度のゆるゆるした頻度でも、いろんな変化がありました!

具体的にどんな変化があったのか、まとめました。
ランニング、やってみようかなーと考えている人の背中を押せたら幸いです。

スポンサーリンク
広告336*280

変化1:体力がついた

運動はまったくしません!という人でも、日常のふとした場面で体を動かすことがあると思います。

たとえば、乗りたい電車の発車時刻が迫っているときなど。

以前はちょっと走っただけで息が上がっていましたが、1年前とくらべたら今は息が上がりにくくなりました^^

変化2:体重管理が楽になった

運動すると、無駄な食欲が抑えられるみたいです。

なんとなく口が寂しい、お腹が本当にすいているわけじゃないのに食べたい…ということが少なくなりました。

また、飲み会などでたくさんカロリーを摂取することになっても、あとから走って調整できるようになりました。

もともと食べることが好きでしたが、罪悪感を感じながら食べる場面が少なくなったので、さらに楽しんで食べることができています♪

変化3:ヒップサイズダウン

これ、個人的にはすっごいことなんですよ!!!

なかなか落とせなかったヒップサイズが!!!

1年前から7cmほどサイズダウンしました\(^o^)/

脚も、全体的にしまってきたかな〜

変化4:人生の楽しみが増えた

ランニングは、やろうと思えば場所を選ばず体一つでできることです。

他にも好きなことは色々ありますが、ここまで生活に密着した趣味ってないかなぁ。

変化5:引き出しが増えた

実はランニングしてますというと、けっこう食いついてくれることが多いです。

いつの間にか、定期的に一緒に走ることになった人が出てくることも…笑

走ることに楽しさを見出せただけでなく、そこから派生したものが生まれつつあるのを実感中です!

なにかを始めたい!と思ったときがいちばん良いタイミング

暑い7月から走り始めることに、抵抗がなかったわけではないです。

でも、ここでそんなこと言ってたら、冬は寒いからと言っていつまで経っても走り出さない!!と思い直して始めました。

7月、8月でも、早朝ならいくらか暑さもマシです。

いつでも障害はあるものだと受け入れて、それをどう乗り越えるのか、または回避するのかを考えるのもまたひとつの楽しみです♪

スポンサーリンク
広告336*280
広告336*280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存