バーでおひとりさまに挑戦してみた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

お酒は好きですが、ひとりでいると全く飲まないので、うちでひとりで飲むこともない私がいきなりバーに繰り出したときの話です。

同じようにバーでおひとりさまをやってみたいけど、勇気が出ない方の背中が押せたら嬉しいです。

おひとりさま、楽しいですよ!

バーでおひとりさまのいいこと

お酒が楽しめる!

まずは何と言ってもこれですね。

最初はとりあえず知っているカクテルの名前をオーダー。
(ちなみにモヒートを頼みました)

そのカクテルの話題から、バーテンダーさんが私のお酒の好みを聞いてきました。

その好みを踏まえて、2杯目は「柑橘系でさっぱりした感じの」というざっくりしたオーダー。

それで出してくれたのがシンガポール・スリング・ラッフルズスタイル

2015-05-23 22.31.16

参考:シンガポール・スリング(Wikipedia)

恥ずかしながらこのカクテルのこと知らなかったんですが、バーテンダーさんが丁寧に教えてくれました。

好みだけでなく、私が海外旅行が好きっていうところからこのカクテルをチョイスしてくれたんじゃないかなー。

いつかラッフルズホテルのロングバーでシンガポール・スリングを飲んでみたい!

こういう新しい出会いがあるのもバーならでは。ひとりなので、好みを細かく聞いて出してくれました。

話が楽しい!

向こうは接客のプロなので、どんな話題を振ってもきちんと返してくれます。

話下手な人はコミュニケーションの練習の場としてもいいと思います。

地元密着の小さなバーなら、その土地ならではの情報も教えてもらえるかも。

もっと早く切り上げるつもりが、結局2時間は居座ってしまいました。

気になってたらやってみる精神で、世界はちょっとずつ面白くなるかもしれない。

春に引っ越してきて、知り合いがほとんどいない土地で少し寂しいところもあったんですが、ちょっと勇気を出してみたら新しい世界は少しずつ広がっていくのかなと感じました。

初めてのお店に入るのは勇気がいりますが、お店の方からしたらお客さんが増えるわけで歓迎されることはあっても疎まれることはありません。

気になっているお店があったら、さっそく今週末(今夜でもいいですね)ふらっと行ってみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク