愛することは受け止めること。受け止めることは許すこと。許すことは信じること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

個人的な考え方の話。

あるとき、

「愛するってどういうことだと思う?」とある人に聞かれました。

私の答えは、「受け止めること」

パートナー、家族、友人、様々な愛の形がありますが、共通しているのは受け止めることなんだと思います。

相手をありのままに受け止めること。それが愛だと思うのです。

そのままでいい。あるがままでいい。今のあなたでも、これから何かが変わっていくあなたでも、どんなあなたでも受け止める。

受け止めるとはどういうことか。

それは許すということ。

相手がなにか過ちを犯したとします。

その行為自体に怒っても、その人自身のことは受け止めて許す。

子どもがいたずらをしたとき、いたずらという行為自体は怒っても、いたずらした子どもを許さないっていうことはないでしょう。

許すとはどういうことか。

それは信じるということ。

誰かをなにかを任せたのに、その人は自分が思ったようにやってくれなかったとします。

そのとき、その人に向かって「信じてたのに!」って怒るのは私のポリシーに反します。

信じたら、その後のことはどうなろうが全て受け止めて許す。それが愛することだと思ってます。

広い意味で周りの人を愛せるようになってから、少し生きやすくなった気がする。

スポンサーリンク
広告336*280
広告336*280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
広告336*280