パーソナルカラー診断はファッションやメイクに興味ない人こそ利用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

先月、パーソナルカラー診断を受けてきました!

パーソナルカラーとは、その人個人が持っている雰囲気を含む色で、自分がどんな色を持っていて、どんな色が似合うのかを診断してもらいます。

スポンサーリンク

自己診断ではオータムだけど…

「少数精鋭」を目指す人が多いミニマリスト界隈では、パーソナルカラー診断って聞いたことがある人も多いのかもしれません。

私も興味があって、自己診断やってみました。

「パーソナルカラー 診断」でググれば、自己診断のページがいろいろ出てきます。

パーソナルカラーはイエローベースの肌をした「スプリング」と「オータム」、ブルーベースの肌をした「サマー」と「ウィンター」という4つに大きく分かれます。

自己診断では「オータム」。

ところが、ある時本屋さんでパーソナルカラーの本を立ち読みした時に、「あれ、もしかしてスプリング…?」と疑念がよぎり、一度ちゃんと見てもらいたいと思っていました。

パソコンの画面だと、色味が違って見えるからなかなか正しく判断できません。

見るのは肌の色だけじゃない

実際にプロの方に見ていただきました!

肌にブルーベースとイエローベースのファンデを乗せて色を見比べて、まずは自分の肌がどちらの色なのか判断。

これはイエローベースということで、自己診断の見立て通りでした。

ここから、性格診断みたいなのもやっていきます。

パーソナルカラー診断って、純粋に自分の体が持っている色だけじゃなくて、その人が持つ性格も考慮して細分化していくって初めて知った!

肌の色はスプリング!

自己診断とは異なり、スプリングという結果になりました。

ただ、「オータム寄りの」スプリングということでした。

自己診断ではオータムだと思うのも無理はないですね。

個性は冬!

その人が持つ雰囲気というのも、似合う色・似合わない色に関係してきます。

私の場合、個性が冬よりなので、色は春のものを使いつつ、模様は冬の人が似合うものを取り入れていくといい感じ。

自己診断では冬の個性が邪魔していた?

これは自分の推測ですが、自己診断でオータムだと思ったのは、冬の個性のせいかな?という気がしています。

春のイメージといえば、パステルカラー。そんな色、合うわけないという思い込みがあったのは事実です。

個性が冬よりなので、全身スプリングど真ん中で行くとちょっと違う感じになってしまうので、うまく取り入れていきたいです。

メイクもしてもらった!

女性の診断の場合、自分に合う色でメイクもしてもらえました。

メイクは正直にいうと面倒臭さの方が先に来てしまいいつも超シンプルで、アイシャドウはブラウン系一択でしたが、春の人に似合うグリーン系を試してもらいました。

グリーン系を乗せたのは初めてでしたが、ケバい感じにならない!これが似合うってことなのか!!と感動しました。

ファッションやメイクを考えるのがぶっちゃけ好きじゃない人、診断受けるべし。

服やメイクは、好きなように楽しめばいいと思います。

流行を追いかけるのが好きならそうすればいいし、愛してやまない色や形があるならそれを堂々と身につければいい。

私はファッションやメイクに対して楽しさを見出せなくて、自分でいろいろ試してみる気があまり起きませんでした。

けど、服を着ないわけにはいかないし、メイクをした方がいい時もある。

(基本的に、「女性に常にメイクを強いる日本社会糞食らえ」と思ってますが、それでもドレスアップした時はメイクしないと顔と体がちぐはぐになりますよね、結婚式の二次会とか。)

どうせ服を着て、メイクをするなら、私はファッションやメイクに楽しさではなくて、「自分をより良く見せる力」を求めていました。

パーソナルカラー診断は、「自分をより良く見せる力」をズバリ教えてくれます!

今回お世話になったのは、こちら。

きちんと診断してもらえたことだし、この本望一度読み直そう〜

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存